• ボディ
  • フェイシャル
  • 脱毛
  • Q&A
  • 初めての方へ
  • 体験コース一覧
  • サロン案内

基礎代謝量の低下〜やせられない理由を発見しよう!〜

太りやすい人、やせやすい人の分かれ道は基礎代謝量の違いにあった!

同じように食べているのに、太る人もいれば太らない人も。実はこの太る・やせるの分かれ道は代謝量の違い。代謝量とは生活中の消費エネルギーのことですが、1日の代謝量は20代の女性で約1800kcalといわれ、その内訳は、身体を動かすことで消費される「生活活動代謝」が約20〜30%、食事の消化吸収時に体温を上げるために消費される「食事誘発熱代謝」が約10%、体温を維持したり心臓を動かしたりする「基礎代謝」が60〜70%といわれています。つまり、身体の中でもっともカロリーを消費しているのは、眠っている時や何もしないときでも消費される「基礎代謝量」なのです。(資料提供:ライフサイエンス研究所)

20代女性の1日の消費カロリー

ほうっておくと危険!どんどん脂肪をため込む身体に!!

代謝の低下は20歳から始まっている!
右の図のように、20歳を境に基礎代謝量は年々減少。仮に20歳になっても17歳と同じ食生活を続けて、基礎代謝が減った分のエネルギーが脂肪にかわるとすると、1日で10g、1年間で3.6kgの脂肪をため込む計算に!(資料提供:ライフサイエンス研究所)

1日に90kcal基礎代謝が減ると1年間に3.6kgの脂肪がたまる計算に!

基礎代謝の低下が起こる原因は加齢以外にもあります!

筋肉の衰え

体温を一定に保つためのエネルギーは筋肉組織内のミトコンドリアでつくられます。このため、筋肉量が少ない人(体脂肪率の高い人)はエネルギー生産量が少なく、基礎代謝量が低いと言えます。

食事を減らすダイエット

やせたいからといって食事を抜いたり、極端に量を減らすと、身体は危機反応をおこし、少しのエネルギーで生命を維持できるようにするため、基礎代謝量を低下させる性質があります。これは数百年という人類の歴史の中で、度々起こる食糧危機に順応したためと考えられています。食事を減らすダイエットは身体にとっては食糧危機なのです。

睡眠不足

「眠らない方がやせるわ!」と間違った知識を持っている人がいますが、睡眠中に分泌される「成長ホルモン」こそ、代謝機能を高め脂肪を燃焼してくれる心強い味方なのです。成長ホルモンは脂肪を分解し、筋肉の修復をしてくれるため、睡眠不足などにより成長ホルモンが分泌されないとエネルギーの生産量がぐんと下がってしまうことに。

エルセーヌ流の対策!〜エルセーヌは代謝アップを第一に考えます〜

いくらエステに通ってやせたとしてもリバウンドをしたのでは意味がありません。エルセーヌでは代謝機能を高めて太りにくい身体を手に入れることに重点をおいた施術、指導を行っています。

食事改善も徹底的に!<食事指導>

代謝機能を高めてやせやすい身体をつくるためには、食事の量はもちろん栄養バランス、食べる時間なども改善する必要が。エルセーヌでは1日に3食1,500kcalを目安に、和食中心で栄養バランスのとれたメニューを摂るように指導しています。数分でできる簡単レシピや、コンビニ食をとりいれた簡単メニュー、外食の際のメニュー選びのポイントも指導しています。

食事指導

筋肉に刺激を与えます<ボーン>

エネルギー生産量をアップし基礎代謝量を増やすには、筋肉の働きを高めることが重要。衰えた筋肉組織に低周波で刺激を与え強制的に収縮運動をさせることで、代謝アップを図ります。

ボーン

血流とリンパの流れを促進<ハンドメイクテクニック>

固くなった脂肪は脂肪細胞が密集して、すき間のない状態です。エルセーヌ独自のハンドメイクテクニックで固くなった脂肪を柔らかくし、血液やリンパの流れを正常な状態に戻していきます。また、絶妙な手技によるリラクゼーション効果や脂肪分解酵素の分泌を促す効果も代謝を高める要素となっています。

ハンドメイクテクニック

「基礎代謝の低下を実感している」「お腹、お尻、脚までバランスよく細くなりたい!」「やせにくい体質で困っている」などでお悩みの方にはエルセーヌの「合計-8cmやせる体験」をオススメします!

合計-8cmやせる体験

★やせられない理由を発見しよう!

>基礎代謝の低下 | >セルライト | >身体のゆがみ | >筋肉の衰え

ページ上部へもどる